【バイクの任意保険】まずは数社無料見積もりで相場を知るのがおすすめ

今回は任意保険の選び方について説明します。
バイクの任意保険料の相場を知らない人も多いのではないでしょうか?保険会社もたくさんあるし難しい保障項目多数なので初心者には比較することも難しいと思います。自分もそうでした。

そんな状態でバイク屋で購入する時に勧められたのにそのまま入ると割高になりかねません。購入・納車前に調べておくことをおすすめします。逆に安いだけの保険もいざという時に役に立たず後悔することになります。今の自分の状況に合った保険を選択する必要があります。

そこで今回は以下の順序で説明をしていきます。
・無料の一括見積サービスを使って大手保険会社を比較
・比較検証で確認すべきポイント
・任意保険には盗難補償はつかない?

バイク保険一括見積サービス(無料)

結論から言って、「インズウェブバイク保険見積りサービス」がおすすめです。
おすすめというかそもそも大手保険会社を複数に渡って無料で見積り出せるサービスがほぼこれしかないという、貴重なサービスなので有効活用しましょう。

↓リンク貼っておきます。

一括見積りのメリット

イク保険の相場・対応する保険会社を一覧化することが出来ます。

バイク保険の相場

たぶん初心者の方は大体どれくらいかかるのか?が分からないのではないでしょうか?車と違ってCMもやっていないし、分からなくて当然だと思います。

バイクの年間保険額は主に以下で決まります。
・バイクの車種
・免許の種類(ゴールド、ブルー、グリーン)
・バイクの購入時価格
・特約(オプションのようなもの)の有無

これらを考慮して保険額は決定されますが、保険会社によって金額・特約の内容がバラバラです。
自分に合った内容を横並べして比較検討できるように一括見積をおすすめしています。

対応する保険会社

・アクサダイレクト
・チューリッヒ
・三井ダイレクト損保
・損保ジャパン
・三井住友海上
など、誰もが聞いたことがあるような大手保険会社から一括見積を取ることが出来ます。
これらが揃っていればわざわざ他の保険会社を探す必要もないはずです。

バイク保険の比較で見るべきポイント

対人賠償保険・対物賠償保険

これは必須です。ついていない保険はないです。
上限額は無制限一択です。これをつけるために保険を探しているまであります。
万が一の時に数千万から数億の賠償が必要になることもあります。必ずつけましょう。

搭乗者傷害保険

事故などの際に所定の金額がもらえる保険です。
これは自身のリスク許容度に応じて設定しましょう。万が一の時に治療費を即金で支払う余裕がない方ほど入っておく必要があります。入院費などが急に用意出来ない場合に役立ちます。

人身傷害保険

万が一自分が死傷した場合の被害額(治療費や休業による損失)を含めて補償されます。これは自身のリスク許容度に応じて上限金額を決めましょう。

特約

上記保険以外のオプションのようなものです。
様々な種類があり、必要に応じて選択するイメージです。ファミリーバイク特約など125cc以下の方にはお得になる場合もあります。全てチェックして自分に必要そうなものを選び、選んだ特約がラインナップされている保険会社を選ぶとよいです。

特約の種類と説明は一括見積サイトに記載されているのでそちらを参考にして下さい。

盗難補償はつくのか?

残念ながら大抵のバイク保険では対応していません。「盗難」は補償の対象外となります。
ですので自分で別途対策する必要があります。方法は以下の2つです。

・別で盗難保険に入る
・バイク自身のセキュリティ性を高める

盗難保険

ここまで説明してきたのは主に人身事故に対する補償をする保険です。盗難保険は読んで字の如くバイクが盗まれた時の車両代金のうち決められた額までを補償してくれるサービスです。
上記の任意保険と違い必須というわけではありませんが、高価/新品のバイクに乗っている方は入っておいたほうが良いかもしれません。

盗難保険には一括見積サービスのようなものは見つかりませんでした。一つずつ探して比較する必要があります。

現状最もおすすめなのは”ZuttoRide Club”です。
最大のメリットはネットで全ての手続きが完了するところです。
店舗に行く必要もなく、
・車両の登録証
・バイク購入時の本体価格が分かる明細書
があれば申し込みが出来ます。

支払い方法も
・クレジットカード
・コンビニ決済
・銀行振り込み
と複数用意されているので便利です。

とりあえずは無料見積りするのがおすすめです。バイクの車種や購入金額を入力するだけで、
・受けられる補償金額
・各プランの支払い金額
を表示してくれます。
↓にリンク貼っておきます。

バイク自身のセキュリティを高める

盗難補償はあると良いですが、帰ってくるのはお金だけです。残念ながら盗難にあったバイク本体は帰ってこないケースがほとんどです。
ですのでそもそも盗まれないように対策をガチガチに固めることが重要です。こちらは買い切りでそこまでお金もかからないのでやり過ぎはありません。徹底的にやりましょう。

チェーンロック×地球ロックの最強対策なども過去記事で紹介していますので参考にして下さい。

まとめ

以上、任意保険の選び方・一括見積サービス・盗難保険について紹介しました。
任意保険については、”任意”と書いてありますが必須と考えてよいです。万が一の時にせめてお金の面だけでも自分もしくは相手へ補償が出来るように必ず入るべきだと思います。(対人・対物無制限が最低条件)

盗難保険については任意保険には付帯していないケースがほとんどですのでご自分のリスク許容度に合わせて補償金額を設定するのがおすすめです。

保険を適正に活用して安心なバイクライフを送れるといいですね。最後まで読んで下さりありがとうございました。

コメント