業界最高の遮音値! 耳栓「MOLDEX」で騒音対策して自分だけの静寂を取り戻そう

耳栓画像 雑記
公式サイトから引用

本記事は騒音で悩まされている方に是非読んで欲しいです。実は私も以前隣室からの騒音に悩まされていました。壁際に重いものを置く、壁に吸音パッドを貼る、イヤホンをする、など色々対策していたのですが、男性の騒ぐ声というのが低音で一番対策しづらく貫通してきました。そんな中一番効果が高かったのが耳栓でした。耳栓をすることでかなりストレスが低減され睡眠時間も確保することが出来ました。

騒音に悩まされている方は是非お試し下さい。

MOLDEXとは? 異次元の遮音性!

アメリカのメーカー。様々な形状の耳栓/イヤーマフを販売しており、日本にも正規代理店があります。おそらく日本でもトップクラスに有名なメーカーです。

耳栓画像
公式サイトから抜粋

下記で紹介しているフォームタイプの耳栓は独立テストによる遮音値が業界最高レベルを唱えており、実際私が使ったところ日常の騒音くらいは全て遮音出来ます。(カナル型イヤホンと同じと思われるかもしれないですが、全くレベルが違います。)

まずはお試し バラエティセットが安いのでおすすめ

様々な形状の耳栓が数種類入っています。これで自分の耳に最適な形状を確認します。
その後、お気に入りの形状を見つけたらそれの10セット入りを買う、という流れがいいと思います。

個人の耳の形によって合う合わないは異なるので自分にぴったりの形状を見つけましょう。

必ず正しい方法で装着して下さい

最も重要なことです。はっきり言ってどこのメーカーとかよりも大事です。ただ耳に突っ込んだだけでは全く効果がありません。私は耳栓の使い方を知らずしばらく意味のない使い方をしていました。

使い方は公式サイトの説明書を参照してください。

圧縮した耳栓が徐々に広がっていくにつれて周囲の音が聞こえなくなっていきます。耳栓が広がっていく間はみちみちと音が鳴って気持ち悪いかもしれないですが広がり終わったら静寂を感じることが出来ます。

耳が痛くなる時は

サイズや形状が合っていないと思われます。10セットのうちどれか自分に当てはまるものを探しましょう。もしくは奥まで入れすぎか、なので装着する時にちょうど良い位置を探っていくとそのうちすんなり来るポジションを見つけられると思います。

それでも合わない場合、上記でご紹介したもの以外にもいろん形状のものがあるので試してみてもいいかもしれません。

また、MOLDEXではないですが、シリコンタイプの耳の方に合わせて整形できるタイプも耳への負担が少なくて良さそうです。ただし、遮音性はMOLDEXのものよりも劣るというレビューを頻繁に見かけます。

水で洗える、何度でも使える

自分は1か月間毎日使っていましたけど普通に大丈夫でした。(たまに水で洗ったりしていた)

なので遮音性が落ちてきたなあと思ったら新しいものに変える感じでした。

寝る時はアラームにバイブつけることを忘れずに!!

さすがに大丈夫だと思いますが寝起きが悪い人は気づかない可能性もあるので念のため

まとめ

騒音問題は悪いのは相手なのにこちらが対策しなければならないのは納得いかないですが、平穏な生活を守るためしょうがなしです。もちろんこの耳栓は騒音問題以外にも使えるので長期間のフライト中などもおすすめです。これだけの遮音性があれば飛行機の轟音でも相当カットすることが出来ると思います。

とは言え、過剰な騒音ストレスは心身に響くので無理せず引っ越すなどの対策を取った方がいいと思います。
最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

コメント