レンタルコンテナ・トランクルーム 比較/おすすめ3選【バイク盗難防止策】

バイク

今回はバイクの駐車場・盗難対策向けに有効なレンタルコンテナ・ボックス・トランクルームの紹介です。私も使っていて盗難対策以外にもたくさんのメリットがあったので経験談合わせてご説明します。

バイクの盗難で一番多いのは自宅の駐車場です。(警視庁調べ)
車と違い軽いバイクはロックをしていても破壊してしまえば大人数で持ち運ばれてしまうリスクがあります。

警視庁HPより引用 https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/about_mpd/jokyo_tokei/jokyo/hanzai.html

そこで、レンタルコンテナ等はそもそも窃盗犯に触れさせないという究極の盗難対策になります。
それでは各サービスにの特徴についてメリット・デメリット含めて説明していきましょう。

メリット

盗難・イタズラ対策

今回のメインテーマですね。これは説明不要だと思います。
盗難対策以外にも鍵穴へのイタズラや他の人にぶつけられる心配がない点が完全個室のメリットです。

雨風・錆対策

これは結構重要です。
通常屋外に保管する場合にはバイクカバーをかけますが、梅雨の時期などカバー内が蒸れて錆びやすくなるのが弱点です。
湿気取りを置くことも出来るのが嬉しいポイント。

普通に倉庫として

ジャケットやヘルメットなどいちいち部屋から持っていく必要がないのは便利です。

さらに私はキャンプツーリングにも行くので、汚れた・濡れたテントとかはそのまま放り込んで干して置けるのは本当に便利です。ほぼ確実にキャンプ仲間達の荷物置き場にもなりますが、、、
(災害時用の備えもここにも置いていました。)

デメリット

お金がかかる

当然、自宅の駐車場に無料で停めるのと比べたらお金がかかります。
ただし、場所にも依りますが自動車用の青空駐車場を契約するのであれば、そこまで金額も変わらない印象です。
値段がさして変わらないなら上記メリットがある分、レンタルボックスの方をおすすめします。

自宅から距離がある(かも)

自分の地域以外にもざっくり調べましたが、やはり駅遠の場所が多いです。
なので誰にでもおすすめできるものではなく、偶然自宅近くにレンタルコンテナがある方限定になるかなーと思います。

おすすめレンタルコンテナ・トランクルーム・ボックス

加瀬のレンタルボックス

国内最大級のレンタルボックスサービスです。用意されているコンテナ場所が一番多いです。
リンク:【加瀬のレンタルボックス】

バイク収納専用に改良されたボックスが用意されており、スロープやチェーンロックをつなぐ盗難防止バー、小物収納棚とバイク乗りに嬉しい機能満載となっています。
ただし、ボックスの鍵がダイアル式なのがイマイチ、、、本当はキーロックが良かったのですが。
鍵を郵送したりといった手間がないのはいいですが。

申し込みに必要なもの:
  ・本人確認書類(免許証でOK)
  ・緊急連絡先
  ・スタンプ式以外の印鑑(電話契約の場合のみ)

初期費用:
  初月使用料無料 + 翌月の使用料 + 事務手数料 = 大体2か月分の使用料が目安

支払い方法:
  初期費用は代金引換やコンビニ決済も出来ますが、
  毎月の支払はクレジットカードか口座振替しか出来ない点に注意して下さい。

申し込みから利用開始までの日数
  初期費用の支払い方法によって異なります。
  代金引換が宅急便でダイヤル暗証番号などが宅急便で届くので数日時間がかかると思われます。
  クレジット支払いが最短10分で使えるようになるのでおすすめです。

さらに、ここはレンタルボックスの他にも屋外共同型スペースや屋外ライン型スペースがあるので単に駐車場を探している方にもおすすめです。特に屋内共同型スペースは24時間セキュリティ完備なので通常の駐車場よりはセキュリティ性も高いです。

新規ネット申し込みで1,100~3,300円割引キャンペーンをやっているのでもし気になっている方は早めに契約した方がいいかもしれません。(期間の記載なし)

.R(ドッとあ~る)

バイク収納型のトランクルームを運営している会社です。主に国道や県道沿いに設置されているところが多いです。
リンク:トランクルームならドッとあ〜るコンテナ

ドッとあ~るの大きな特徴として、
・防犯カメラ(監視カメラ)設置
   窃盗犯が嫌うものなので、そもそも狙われにくくなります。

・キーロックの設置
   ダイヤルではなく鍵式なのはいいですね。

・見学無料 
   事前にバイクを入れる十分なスペースがあるかなど確認することが出来ます。
   リンク先の電話番号またはメールで確認してみて下さい。

契約に必要な流れ

①検索から空室ボックスから申し込みを行う
  支払い方法:クレジットカード or 銀行振り込み
  (Webで行うことで初期費用が3000円割引になるので電話ではなくWebの方がおすすです。)

②申し込み完了メールに添付の電子署名依頼メールへ回答
  必要事項を記載して回答します。

③鍵の受け取り
  トランクルームの鍵と口座振替申込書が郵送されてくるので返信用封筒に入れて返信
  毎月の支払方法は口座振替のみな点に注意して下さい。(クレジットカード不可)

初期費用

  1. 使用料 : 当月分の日割り分と次月分の使用料
  2. 補償料 : 500円 / 月(非課税)
  3. 管理費 : 800円 / 月(税込)
  4. 事務手数料 : 1ヵ月分
  5. メンテナンス費用 : 5,400円(税込)

(目安として賃料の3ヵ月分プラス当月日割り分)

初期費用が結構かかるので、なるべくWeb契約にして費用を抑えましょう。

コンテナ次第ですが長期間レンタルするとフリーレント(最初の数か月半額など)サービスもしているので、運がよければかなり安く借りることが出来ます。

Space Plus(スペースプラス)

こちらもトランクルームのレンタルサービス会社です。
リンク:『トランクルーム』『コンテナトランク』収納スペース貸します!スペースプラス

・申し込みに必要なもの
  運転免許証・保険証等のコピー
  銀行お届け印

・初期費用
  当月分日割り賃料 + 翌月分賃料 + 事務手数料(賃料1か月分)

・契約の流れ
  空室確認⇒予約申し込み(電話 or メールフォームから)
  ↓
  申し込み後、契約書類が郵送されてくる
  ↓
  書類の返送と初期費用を支払い
  初期費用は銀行・コンビニ払い(翌月からは口座振替となります。)
  ↓
  入金確認後、鍵が郵送されてくる

コンテナ内でもチェーンロックはすること!!

注意点として、コンテナ等施錠が出来るからと言って油断しないことです。
せっかくお金を払ってまでコンテナでセキュリティ性を高めているので簡単に出来るチェーンロックを怠ったのでは勿体ないです。
比較的安価なチェーンロック、ディスクロックもあるのできちんと用意して施錠しましょう。(過去記事参照)

まとめ

以上、今回は全国展開している有名どころのサービスについて紹介しました。
他にもお住まいの地域毎に有力なサービスがあるかもしれないので、上記3つのサービスでよいものが見つからなかったら探してみて下さい。

若干お金はかかるものの、盗難対策、雨風・傷対策、倉庫としての用途とメリットがたくさんあるので、自分のバイクを大切にしたい方にはおすすめ出来るサービスだと思います。自宅にガレージを立てるのもありですが、レンタル以上にお金が必要ですからね。

以上、最後まで読んで下さりありがとうございました。

単に駐車場を探してる方はこちらの記事で紹介しているサービスでも探すことが出来ますので参考にして下さい。
駐車場予約サービスとして紹介していますが、月極契約可能な駐車場も探せます。

コメント