バイクに夜乗る人必見!車からの視認性を高める安全対策&アイテム3選

バイク

夜のツーリングは別格の魅力を持っています。風を切る爽快感や星空の下での冒険心は、まさに特別な体験です。(これから夏に向けて日中を避けて夜涼しくなってからツーリングに出る方も多いのではないでしょうか?)

しかし、夜間のツーリングには一層注意が必要です。なぜなら、夜間は車からの視認性が低下し、交通事故のリスクが高まるからです。

本記事では、夜にバイクを乗る人々が安全に走行するために役立つ対策をいくつか紹介しますこれらの対策を実践することで、車からの視認性を高め事故を予防することができます。

暗闇でのバイク乗りにおいて最も重要なのは、自身の安全を守る装備です。

適切なヘルメットの選択や反射材の装着によって、自身の存在を車に知らせることができます。

また、ライディングテクニックも重要です。適切なライティングポジションや夜間の車両操作について学ぶことで、安全性を確保できます。

夜間の視認性を高めるアクセサリーや装飾品も効果的です。リフレクターやストロボライト、スポットライトなどを装着することで、自身の存在をより目立たせることができます。ただし、スタイリッシュな外観も両立できるとなお良し。

装備は重要

夜間にバイクを乗る際には、適切な装備が不可欠です。以下では、車からの視認性を高めるために重要な装備について詳しく説明します。

ヘルメットの選び方と夜間用の特徴:

夜間はヘルメットが重要な装備の一つです。選ぶ際には以下の点に注意しましょう。

  1. 可視性を高めるシールド:
    夜間には明るい車のライトや街灯の光が眩しく感じられることがあります。
    反射や眩しさを軽減するための特殊なシールドを備えたヘルメットを選ぶことが重要です。(後付けも可)
  2. リフレクターの装着:
    ヘルメットにリフレクターを装着することで、後続車や横からの車に自分の存在をより明確に伝えることができます。リフレクターは光を反射する素材で作られており、暗闇での視認性を向上させます。

可視性を高める反射材やLEDライトの装着:

ヘルメット以外にも、自身やバイクの可視性を高めるための装備があります。

  1. 反射材の使用:
    バイクのボディや衣服に反射材を貼ることで、他のドライバーに自身の存在をアピールすることができます。
    反射材は車のライトが当たると光を反射し、視認性を向上させる効果があります。
  2. LEDライトの追加:
    バイクには追加のLEDライトを装着することもオススメです。
    ヘッドライトやテールライトに加え、サイドやホイールにもLEDライトを取り付けることで、周囲の車や歩行者に対してより目立つ存在となります。

これらの装備は夜間のバイク乗りにとって非常に重要です。

ぜひ、これらの装備を適切に使用し、夜間のバイクライディングをより安全に楽しんでください。

視認性がアップするアクセサリーや装飾品

バイク専用の反射材付ジャケット

普段のライディングには派手かもしれませんが、夜用と割り切って着用するのもありですね。
 黄緑も目立つし、反射材も前後に豊富についています。(↓のリンクは上着のみです。)

出典:https://www.amazon.co.jp

ここまで派手じゃなくともバイク用のジャケットならば反射材が良い位置に貼られているので一定の効果はあるはずです。

反射ステッカー

ヘルメットやバイク本体、シートバック、ジャケットと色々なところに貼ることが出来ます。

ブラック反射テープなので普段は黒くあまり目立ちません。(ヘルメットは黒系の方も多いので昼間は目立たせずに使うことが出来ます。)

出典:https://nihon.elosskateboards.com

↓貼り方次第でむしろヘルメットがかっこよく映りますね。

出典:https://nihon.elosskateboards.com

ちなみにこれを作っている会社は本来スケートボートをメインに作られているようです。たしかにスケートボードも夜乗る人は反射材必要ですね。

反射タスキ + LEDアームバンド

だんだんなりふりかまわない手段になってきました。

見た目はともかく、ワンタッチで装着できるお手軽さと効果は抜群です。

夜にバイクで通勤するなど頻繁に使用機会がある方におすすめです。夜ジョギングする時にも使えます。

タスキだけでなく、LEDで点灯・点滅するアームバンド付きで1,000円程度と激安です。
Amazonでも評価が高くおすすめ。

ライディングテクニック

夜間ツーリングには、視認性を確保するための適切なライディングテクニックを身につけることが重要です。

  1. ヘッドライトの活用
    夜間におけるバイクの主要な視認性の要素です。暗闇での走行では、ヘッドライトを常に点灯させておきましょう。

    ヘッドライトの明るさや調整を適切に行うことも重要です。
    ヘッドライトの明るさを調整するためにハイビームやロービームを切り替えることも忘れずに行いましょう。
  2. カーブハンドリングの注意
    夜間にカーブを曲がる際は、特に注意が必要です。カーブの手前で速度を落とし、適切なラインを取るようにしましょう。

    ヘッドライトの照射範囲を上手に使って、カーブの先を見越すことも重要です。(特に雨の日などは路面状況にも配りましょう。)

    これにより、カーブ内の障害物や他の車両に対する対応がスムーズになります。

盗難対策も忘れずに

夜ツーリングの際、ふとした場所でバイクを停めて休憩・飲み物を買いにいくなどバイクから離れる瞬間があると思います。そうした時に短い時間であってもセキュリティ対策はするようにしましょう。夜は窃盗やいたずらの確率を上がります。

ツーリング先で一時的にバイクから離れる時のおすすめは、手軽に装着できてアラーム機能もあるブレーキレバーロック・U字ロック、ディスクロック、などです。

まとめ

夜間にバイクを乗る際、車からの視認性を高める安全対策は非常に重要です。対策を実践することで、事故を予防し、安全なライディングを実現することができます。

まず、重要な装備としてヘルメットの選び方を確認しましょう。
夜間用の特徴を備えたヘルメットは、視認性を高めるだけでなく、自身の安全性も向上させます。また、反射材やLEDライトの装着によって、他のドライバーに自分の存在を明示しましょう。

次に、ライディングテクニックについてです。適切なライティングポジションを取ることで、自分が車からよく見える位置にいることを確保しましょう。また、夜間のカーブハンドリングや車両操作には十分な注意が必要です。

アクセサリーや装飾品も視認性を向上させる手段として有効です。リフレクターやストロボライト、スポットライトなどを利用して、自身の存在をより鮮明に示しましょう。

夜間のツーリングは、明るい街灯や輝く夜景をバイクから眺める特別な体験です。冷たい風を感じながら、静寂に包まれた道路を走ることで、普段とは異なる魅力を楽しむことができます。
夜の風景を満喫する素晴らしい体験を安全にをお楽しみください。

コメント